家電についてもっと詳しく!家電製品アドバイザー

「家電のプロ」としての信頼の証である家電製品アドバイザー。

あなたもこの機会に取得してみませんか?

家電製品アドバイザーってどんな資格?

家電を販売するときに必要となる資格です。家電製品アドバイザーには大きく二つの種類があります。

 

1.家電製品アドバイザー(AV情報家電)

 

2.家電製品アドバイザー(生活家電)

 

皆さんはそもそもAV情報家電といわれて何を指すものかわかりますか?

 

AV情報家電とは、テレビ、BD/HDDレコーダー、デジタルカメラ、オーディオ、パソコンなどのことを指すのです。「黒物」と呼ばれたりもします。

 

そしてもう一つの生活家電は皆さんおわかりでしょう。

冷蔵庫、洗濯機、掃除機など日常生活において利用される家電のことで、家庭内の家事の労力を減らす目的で使用されています。いわゆる「白物」と呼ばれたりするものですね。

 

家電製品アドバイザーをとることにどんな価値があるの?

 公式ホームページでは「家電製品アドバイザー」の資格の習得知識・技術として6つ挙げています。

1.販売実務知識、接客マナー及びコミュニケーション力を持っている

2.対象品目の基本動作原理、仕組み、上手な使い方、安全な使い方、禁止事項などに関する知識があり、わかりやすく説明できる。

3.設置・接客・セットアップ、調整等に関する基礎的な技術知識及びソフト業務知識があり、適切なアドバイスができる。

4.不具合発生時の一時対応ができる。また、故障と間違われやすい事象について、製品故障か使用法の不適切可、ある程度の切り分けができる。

5.電気安全に関する基礎知識及び関連する法規の知識があり、適切な運用ができる。

6.家電リサイクル法、容器包装リサイクル法等の主旨ト廃家電受付業務処理手順を理解士、実践できる。

とされています。

 

現実的には、電器店への就職の際に勉強熱心であるアピールができますし、社会人になって電力会社等に勤めている人もキャリアアップのために取得したり、単に家電好きで受験する人もいるようです。

試験内容

試験は「AV情報家電」と「生活家電」の2種目があります。

AV情報家電の科目

〈商品知識・取扱〉

 映像・音響機器、情報通信機器、電池、接続コードなどの仕組みや使い方の知識

生活家電の科目

〈商品知識・取扱〉

 調理機器、家事・健康機器、季節品、電源、電池などの仕組みや使い方の知識

AV情報家電・生活家電の両種目共通科目

〈CS・法規〉

 購入前、販売時、購入決定後、不具合発生時、家電リサイクル法に基づく収集・運搬などCSに関する知識。及び、消費者保護、省エネ・環境、製品安全などに関する法規の基礎的な知識。

試験日

試験は原則として毎年3月と9月の日曜日と水曜日に実施されます。ただし日曜日と水曜日の2回受験することはできません(併願不可)。

難易度

合格率は実施する回によって、大きく異なるようです。

 

しいて言えば、科目別にみるとAV情報家電よりも生活家電の方が合格率はやや高めの水準で推移しているようです。

 

しかし、しっかりと対策を行えば独学でも取得が可能な資格でもあります。

家電製品店で働いている人でも勉強しなければ合格点、高得点は狙えないため、しっかりと対策をしましょう。

 

どれくらいの勉強量で合格?

効率的とはいえませんが、つめこんで勉強すれば1か月で合格のレベルまで達することができます。

 

合格基準

200点満点中140点以上で合格となります。

 

受験申し込み・問い合わせ

一般財団法人 家電製品協会 認定センター

https://www.aeha.or.jp/nintei-center/examination/

 

家電製品資格受験サポートセンター

電話:03-5209-0553(受付時間 平日9:30~17:30)

メール:nintei@cbt-s.com

 

まとめ

最近ではデジタル家電、パソコン、AVネットワーク機器、ブロードバンド、デジタル放送、4K8Kテレビ、スマートハウスなどといった最新の技術は出題頻度が高まっているようです。

 

出題傾向も確認して試験にのぞみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。