大学生こそ簿記3級をとるべき7つの理由

このサイトを見たあなたは

・簿記3級ってどんな資格なの?
・将来取っておいて役に立つの?
・簿記3級の難易度は?
・簿記3級で十分なの?2級や1級は?
・大学生になって時間がたくさんあるけど特に何もすることはないからなにかしたい
・どれくらいの勉強で取れるの?
・費用はどれくらいかかるの?

と思っているのではないでしょうか。

私も大学生で周りの人たちが簿記3級を持っていたりするので、このようなことを思っていました。そんな私が徹底的に調べ上げたことをまとめました

この記事を読めなあなたのこのような不安が解消され、簿記3級についての理解が深まり、将来役立つこの資格を取ってみようと動き出すでしょう。

ここでは簿記3級について詳しく説明していきます。

1.そもそも簿記って何?

「簿記」という言葉は聞いたことはあるけどどういうことをする資格かわからないという人は多いと思います。簿記って何?について次の2つに分けて説明していきます。

1.簿記はお金の流れを可視化する

簿記は企業の日々の経営活動を記録、計算、整理して、その会社の経営状態などを数字化して明らかにすることです。
簿記を理解することで、ビジネスの基本であるコスト感覚が身につきます。コストを意識した仕事ができるようになります。つまりすべての社会人に役立つ資格といえます。

2.簿記ができる人は会社にとって欠かせない

簿記はビジネスにおいて重要なスキルであるために、多くの会社から必要とされています。そのため、多くの会社で簿記検定の資格取得が勧められています。

簿記の知識があることでビジネス上の数字の意味が分かるようになり、視野が広がります。逆に言えば簿記についての知識がないまま就職してしまうと、会社のお金の流れがわからないまま仕事をすることになってしまいます。そうなると、会社からすればあまり使えない人と思われてしまうかもしれません。

つまり、特に経理職を目指すつもりはないという人でも、簿記の知識は不必要にはなりません。

2.大学生が簿記を取る3つのメリット

 

1.就活で役に立つ!企業が求める資格ランキング1位!

簿記3級の資格は履歴書に書くことができます。簿記ができる人は会社にとっては欠かせない存在のため、履歴書で簿記検定の資格を取得していることを書けば、就活に有利になること間違いなしです。
その証拠として企業が新入社員に求める資格ランキングの1位が簿記になっています。

2.暇な大学生だからこそすぐにとれる

毎日忙しいようで意外と暇な大学生は、結局何もせずに1年がたってしまうという人も多くいると思います。実際僕の周りにも、もう大学1年の半分が終わったけど何もしなかったという人はたくさんいます。

そんな暇な大学生だからこそ資格を取るべきだと思いませんか?
社会人になると、やはり今ほど自由に使える時間は無くなります。簿記3級は社会人にとって必須のスキルであり、知識でもあります。

簿記3級は速くて2週間~1ヶ月ほどの勉強でとることができます。夏休みや春休み何もすることがない、後期からは1週間のうち全休の日が1日あるという人はその時間を使って自分の将来のための自分磨きをしてみるのはどうでしょうか。

その知識やスキルは将来必ず役に立ちます。

3.どんな仕事にも活かせる

簿記の知識はすべてのビジネスにおいて不可欠といっても過言ではありません。
なぜなら、すべてのビジネスにおいて数値化されたお金の流れを読むことは必須であり、数字を使って論理的で説得力のある営業提案ができるようになるためです。

 

3.簿記3級は2週間~1ヶ月程の勉強で取れる簿記3級は速くて2週間~1ヶ月程度の勉強で取ることができます。

しかしながら、簿記3級の内容としては簡単であるため、勉強の時間にあるかもしれませんが、3級までなら誰でも取ることができます。2級以上から難しくなります。
まずは教科書などで科目や帳表について覚えたのち、試験が近くなったら過去問や模擬試験を何回も解くという風に勉強すれば合格の可能性は高くなります。

時間のある大学生、夏休みや春休みに今日何もすることがないという日がたくさんある大学生はその一日の内の4時間でも5時間でもを簿記の勉強に当てられれば夏休みや春休みの間に簿記3級を取ることができ、大学の勉強の邪魔になることもありません。

しかしながら、簡単に取れるからと言って余裕だと思って受けることは禁止です。
なぜなら、簿記3級の合格率は毎回50%前後であるからです。1ヶ月で取れると思って1か月前になるまでなにも勉強しないというのはやめましょう。

次の試験まであと3ヶ月あるけど今のうちから少しずつ勉強していこうという意識で勉強してみてください。

4.費用はどれくらいかかるの?

まず簿記3級の受験料は2,850円です。これは他の資格や検定に比べて非常に安いです。

こんなに安く受けれて、就活で役に立つのであれば取っておいたほうが絶対いいですよね。

また簿記3級の勉強は独学であれば教科書となる参考書1冊と過去問題集や予想問題種1冊で5,000円もかからないくらいで勉強できます。

しかし、独学ではわからないところが出てきたときに、質問できる人がいません。そんな時のために、インターネット講座を受講したり、資格の学校に通ったりすると確実です。

そんな皆さんのためにこの後のところでおすすめの講座を紹介します。今すぐ知りたい人はこちらから読んでみてください

5.簿記の試験は年に3回ある

簿記の試験は年に3回あり、毎年6月11月2月にあります。

つまり、夏休みや春休みに勉強を始めた場合は、いったん長期休みの期間に一通りの勉強を終わらせて、授業が始まったら大学の授業に専念する。そして試験の3週間前ぐらいからまた簿記の勉強をするという形で勉強するといいです。

6.試験が受けられる商工会議所は全国にある

簿記の試験が受けられる商工会議所は全国にあります。

例えば私が今いる福岡県には13か所もあり、試験を受けるために少し離れたところへ車で行かなければならないが、車を持っていないため、交通費が多くかかってしまうということにはなりません。

試験会場については一度、簿記試験のホームページで確認してみるといいです。

7.簿記3級の講座が無料で受けられる!!

簿記3級取ってみたいと思ったけど、何から勉強を始めればいいかわからないという方のために、私が探してきました。

それがこちら(東京CPA会計学院)のプログラムです。ここは公認会計士になるまでを1から試験対策してくれる公認会計士講座の学校です。

公認会計士になりたいわけじゃないのと思ったあなた。だからこそあなたにおすすめなのです。公認会計士になりたいわけじゃないからわざわざお金をかけてまでも簿記の資格が欲しいわけでもないと思っていませんか。

そんな皆さんのためにこちらの学校では公認会計士入門講座の無料体験として簿記3級の講座が受けられます。

こちらの講座ではライブ講義はもちろんのこと、DVD受講やWEB受講もあり、自分の予定に合わせながら効率的に学習を進めることができます。

この記事を読んで簿記に興味を持ってもらえたのであれば、資格取得の初めの一歩としてまずは資料請求してみて、それを見たうえで自分で決めてみてはいかがでしょうか。
東京CPA会計学院 無料資料請求はこちら!

8.簿記3級を取ったら次のステップへ

簿記3級を取ると次に取るべき資格がいくつか見えてきます。ここでは簿記と一緒にとっておくと有利になる資格を3つ紹介します。

1.簿記をさらに極める:簿記2級

簿記2級は当然のことながら簿記3級よりも就活で有利になります。

簿記2級は簿記3級ほど簡単には受からないため、大学卒業時点で取っている人は少ないです。簿記2級合格に必要な時間は2ヶ月~6ヶ月が目安と言われていて、人によって学習期間は大きく異なります。

簿記3級を取って次になりか取りたいけど何にしようと悩んでいる暇があれば、その間に簿記2級の勉強を始めるといいですね。

2.簿記で学んだ知識を有効活用:MOS

MOS資格と一緒に簿記を持っておくと、簿記の知識をそのままExcelなどで使いこなすことができるため効果が高いです。

MOSはOfficeのソフトを使いこなせることを証明する資格です。MOS資格はすぐにとることができるため、時間のある大学生なら空いた時間で資格を取ってしまったらいいでしょう。MOS資格は単体でも就活に有利とされる資格です。そのため簿記とMOSを2つとも持っているとダブル効果でより有利になること間違いなしです。

MOSについて気になった方はこちらの記事も見てみてください。ここではMOSについて多くのメリットが書いてあります。

3.お金の流れを見るだけではなくその後の分析まで:ファイナンシャルプランナー

簿記はお会社のお金の流れを可視化するということが1つの役割でした。

ファイナンシャルプランナーの資格は個人のコンサルティングをメインとした資格です。つまり簿記で会社のお金の流れを把握したうえで、ファイナンシャルプランナーとしてのスキルで統計情報を分析・可視化して、経営面でのコンサルティングやアドバイス、提案をするということができます。ファイナンシャルプランナーの資格も就活で有利になる資格であり、これもダブル効果となります。

ファイナンシャルプランナー3級は合格率が75%程のため受かりやすい資格といえます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。